FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛み

ご主人様が甘いキスをして下さった


…今だけだぞ。後で首輪するんだからな。


その低い声に、レナの頭が真っ白になる。

キスをしながらレナは喘ぎ、

キスをしながらご主人様は大きく暖かい手で
レナの首を絞める。


喘ぎ声が止まった瞬間、レナは痙攣をしながら果てる。


さらにキスをしながらご主人様がレナの頬っぺたを叩く。

痛さにレナはまた果てる。

しばらくら残るヒリヒリとした痛みを感じてまた果てる。


今度は太ももに平手。

痛みに果てた後に、残った痛みに果てる。


お尻にも…

右にスパンされた痛みに果て、残った痛みに果て

左にスパンされた痛みに果て、残った痛みに果てる。


足を開かれ覗いた場所は、もう溢れ出していて…


なんだこれは?!


と叱られる…

恥ずかしくて恥ずかしくて、

また…

体が勝手に果ててしまう…


変態。


そう罵られ、

違う!と叫んでも、レナの体はもう止まらない。












スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

69

レナが仰向けになり、ご主人様がレナにまたがる。

レナは口を開けご奉仕する。

レナの喉1番奥まで入れられる。


鼻も喉も塞がれて、声も出せない、呼吸もできない。


開かれた太ももにはスパン

レナの中には激しく振動するバイブ

体中が痙攣する

絶え間なく果てるレナ


苦しくなると少し腰を上げて下さり、ほんのつかの間の呼吸

再びすぐに口と鼻はご主人様で塞がれて

また痙攣を続ける。


レナが、存在価値と幸福を感じられる時間。
















何一つ身につけず裸で冷たい床にひざまづく

スーツに革靴を履いたご主人様がコツコツとゆっくり音を立てて近づく

その足音だけでレナのあそこは痛いくらいに熱を帯びる



そう言われ上を向くと首輪が着けられる

そしてボールが目の前に出されると

条件反射で口を開ける

ご主人様が頭の後ろでベルトを固定するころには
レナは絶頂を勝手に迎えている

両手を背中の後ろで拘束されようとするころには
絶叫に近い声が出ている

ご主人様がレナのあそこをチェックするころには
もう溢れ出して止まらない

まだ何もしてないぞ?
何だこれは?

そんな言葉が聞こえるころにはレナの脳みそはまるで沸騰しているかの様に失神寸前で
ひざまづくのすらつらい

恥ずかさしさ
惨めさ
つらさ
勝手に押し寄せて止まらない絶頂
幸福感

ただ鳴くしかない






呼吸管理

正常位でご主人様に犯される

そのまま首輪のリードを片手に巻き強く引くご主人様

レナの心も全ての穴もご主人様の所有物

そう感じていると

もう片方の手でレナの首を締める

呼吸もご主人様の物

命もご主人様に委ねられている

そう思えば思うほど大きな絶頂が何度も続く









レナはこれが気に入ったみたいだなぁ

好きなんだろう

と、ご主人様がおっしゃる恐怖の調教道具。

それは、細くて長いピンクのバイブ…。

何がレナに恐怖を与えるのか?

それは、先端だけが大きくて丸い形になっているところ。

そこはご主人様がスイッチを入れると、全身に地響きが起こる様な
強力な振動をするのです。

それが、長い本体の先にあるものだから、

レナの体内に力を入れてやっと入ったかと思うと
1番奥まで入り込み、

レナは叫んで全身に力を入れて耐えるしかなくなるのです。

今回の調教では、首輪をした四つん這いの犬の格好のレナに入れられ

レナは少しも動くことができなくなるくらいの刺激に
ただ叫ぶしかできなくなりました。

いつもの通り口には大きなボールを咥えさせられているので、
鼻からしか息は吸えないし、叫んでもボールは隙間なく口に嵌められている為

苦しくて苦しくて

のたうちまわりたいのにのたうちまわれない

リードはフックに掛けられ逃げられない

それはれは長く感じた調教でした。

しかもご主人様は、そのまま赤い縄でバイブを固定し始めました…。

縄が太ももを這う度に…

それはレナの奥深くに…

強い刺激に叫ぶレナ…

固定し終えると、鼻フックが掛けられ、腰から伸びる縄の先に結ばれました。

フックに掛けられたリードを持つと、

散歩に行くぞ。

こんな姿で…

足が、進みません。

動かせません。

手も、足も。

呼吸もできなくて。

それでもリードを引いて、部屋から廊下へと進むご主人様。

途中、鼻フックが外れてしまいました。

後でちゃんと着けてやるから歩きなさい!

ピンクの震えるしっぽを着けた、醜いペットを連れて歩く、スーツをお召しのご主人様。

やっと足元に追いつくと、薄暗い廊下で背中やお尻に鞭を打たれ、レナはさらに堕とされるのでした。

レナの悲鳴が廊下に響き渡り、隣の部屋のドアが開きました…。











 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。