FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


放置プレイ

よしっ、散歩に行くぞ。

スーツをお召しのご主人様が仰る。


裸のレナはギャグボールで話せない。
首を振ってお断りするも、首輪にリードが付けられる。


うー!うー!
こんな格好で外に行くなんて!

首を振って抵抗しても、ご主人様は聞いてなんか下さらない。


ほらっ!

強く引かれたリードと、両手を繋ぐ手枷のチェーンの音が響き諦める。


ご主人様の影に隠れて、ホテルの部屋から廊下へ出た。
ひんやりとした空気と、何も聞こえない静けさ。


四つん這いのご命令に従うと、背中に何発も鞭が打たれた。


バシン!バシン!
…うっ、…うっ。



声を出したら聞こえてしまう…


必死に声を抑えるレナを、少し離れて見下ろすご主人様。

不安に思って見上げると、ご主人様は満面の笑みで

恥ずかしいだろう?

と、声は出さず口の動きだけで仰いました。

リードをお持ちでない方の手で口を隠し、まるでイタズラをしている子供のようににやにやと!

もう!レナのご主人様は!


絶望感でうつむいてしまったレナのリードをはらりと床に置くと、更に離れる気配が…
それでも裸で廊下で四つん這いである恥ずかしさでずっと頭を垂れていました。


…?ご主人様?1人にしないで下さい。


心の中で願いながら丸まっていると、足音が聞こえました!




…あれっ?どうしたの?1人?





!!!!!!!!!!!!!




ご主人様のお声じゃない…………。




裸を見られちゃう!!





放置されてるの?






2人目の声………





答えられないし動けないし更に丸くなって必死にご主人様のお戻りを祈っていました。


























スポンサーサイト
【40歳以上でもペニス増大】最短3日で実感!5cmは当たり前?
「妻がチンコ入れられて失神するのをはじめてみました(笑)」
♂圧巻のペニス増大力!♂女性の喜ぶ大きさはコチラ
カリ周りの強化と最低17cm以上の長さで女性を悦ばす。
世界最大のSNSアシュレイ・マディソン http://www.ashleyrnadison.com
会員数2,000万人を誇る巨大サイトがついに日本上陸!!【登録無料】
おしりをこっちに向けなさい。



排泄管理の時間です。

ご主人様の手にはエネマシリンジ。

レナはとっても苦手です。

苦しくてもどんどん追加されてしまうから。

たくさんお湯が入ってもお許しはいただけないどころか

ご主人様はポンプを握る手は止められない。



お腹痛いです…

そうかぁ、痛いなぁ。



もう出したいです…

まだまだ我慢できるだろぅ?



もうだめです出ちゃいます…

まだ全部入ってないよ!



出ちゃうー!出ちゃうー!

まだだめだ!



お腹痛いです!

そうかぁ、痛いなぁ。



…始めに戻って繰り返し。

お許しがいただけても、それはご主人様の目の前。

大好きな大好きなご主人…

誰にも見せたくない姿を、お見せしなくてはいけない。

レナはご主人様に全てを管理されてるから。

それが嬉しくて、またエネマシリンジをいただきたくなってしまうのです。












ジャラジャラと音が聞こえると、ドキドキする。

次は…いったい何を…?

ゆっくり歩くご主人様の靴の音。

その足音も好き。

優しくて急がないゆったりとしたご主人様の余裕と、

レナを虐めて楽しみながら笑う滑稽な鬼畜…。

その対極した二つが、レナが裸足で這う床に響く。

期待と不安の中、レナの二プルにクランプが着けられ

痛み

羞恥

不安

幸福

安堵

快楽

そして

絶頂

それらが繰り返し終わることなく膝まっいたままのレナを駆け巡る。

揺れる体を支えながらギャグボールから漏れる鳴き声に、笑われるご主人様。

そのお声も好き。











鼻フック

調教の初めに、まず、首輪。

下着姿になって床に跪くと、スーツをお召しのご主人様が着けて下さる。

その重みとカチャカチャ鳴る金属の音に、レナの口からははしたない鳴き声。

体は熱くなり、きちんと跪けなくなる。

ご主人様はレナの姿を見ると

かわいいなぁ…似合うなぁ…

と、必ず褒めて下さる。

ありがとうございます…

レナは心の中でお返事しながら、小さな絶頂に耐える。

次はボール。

ご主人様は装着前に、必ず洗って下さる。

その所作はゆっくりと…優しくタオルで拭いて…

ゆったりとレナに近づいていらっしゃる…

その静かな時間に、ご主人様の靴の音がカツカツと響く。

口を開けるといっぱいに…大きなボールが押し込まれる…

んん…

レナはもう、目を開けていられず鳴き声も抑えられない。

制御不能になるのだ…

それに加えて、鼻フックが施される。

恥ずかしい…醜いレナ…

いつもはかわいいと褒めて下さるレナの顔が歪む…

見ないで…

心で叫ぶが耐える、奴隷として羞恥心を乗り越える。

あはは!!

笑い声。鬼の笑い声。レナを貶める屈辱の笑い声。

そしてスパンが、四つん這いのお尻や太ももに容赦無く与えられる。

あはは!!

体制が崩れない様、必死に耐える。

ボールの隙間から叫び声を出して…
















洗礼

調教の最後、ご主人様の洗礼を受ける。

様々な愛を受けたレナの体に、ご主人様をかけていただと

レナはご主人様だけのものであると清められている気持ちになって

とっても幸せ。

ご主人様がレナとの時間で果てるのも、

レナの体にご主人様をかけていただくのも、

私の存在価値を示して下さっているようで、

ご主人様の温度を感じながら一緒に果てる。
















 | ホーム |  前のページ»»