FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はペットを飼い始めた。
牝の奴隷レナ。
レナは世間的にはそれなりに大人の女性として生きている。
しかし私の前ではただの淫乱な牝だ。
膝に乗せて撫でるだけで牝のいやらしい汁を溢れさせ、首輪を着けてやるだけで鳴く。
鎖でつなげれば喜び、鞭を与えれば従順になる。

メールで排泄最中の写メを送れと命令すれば素直に従い臭って来そうな恥ずかしい局部を送って来るし、
先日など大事な席でその着物の中身を見せろと命じたところ
周りをわきまえず着飾った和装の裾をたくし上げ自分の秘部を露わにし写メを送って来た。




ある日ペットを散歩させようと、裸に首輪を着けリードを引いて外に出ようとした日のこと。
おいでと言うと四つん這いで付いて来たが、ドアの外に出たところで気温の低さに気付いた。
人間の足音は聞こえたがレナの鳴き声が足元からするだけで他に犬は見当たらない。
仕方なく部屋に戻った。
暖かくなったらペット用にトイレの後始末の用意も忘れず散歩に連れて行ってやろうと思う。

ただ、私が愛情を与え過ぎたのか最近少しレナが肥えて来た気がするので罰を与えた。
増えた体重分だけ浣腸で排泄させようというものだ。
グリセリンの効き目を十分活かし確実に減量させる為、限界ぎりぎりまで排泄の許可は与えない。
レナの顔は苦しさでしわくちゃになり自分でも何を口走っているか理解できていないほどに壊れ私もそれを楽しんだ。
その甲斐あってか溜め込んだ汚物はものすごい臭いと共にものすごい量がひねり出され
それは見ているこちらが恥ずかしく感じるほど醜く堕ちた犬の姿であった。

さてこれからどうやってもっと従順なペットにして行こうか。
私のペットならばスレンダーでセクシーでなければならない。
それを文字通りアメとムチでもっと厳しく教え込み更に私好みに調教していこう。
レナにとって初めての飼い主だからな。




クリックをお願い致します…

レナが更に淫乱になります…

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

小水調教

よくがんばったな


浣腸調教を終え体をきれいにしていただくと


ご褒美だよ…


と、立ちバックでまた繋がることをお許しいただけました。


ああっ!


レナはご立派なご主人様で後ろから突かれるのにとても弱くて
またはしたない声を出します…


ところがご主人様は動いて下さいません…


普段から、レナは動かな過ぎとご指摘を受けていたので
動きなさいということかな?と思い
ご主人様を感じたいレナは動こうとしますがやはり気持ちが良すぎて足にチカラが入らず動けません。


ああぁぁぁぁぁ!


どうしてこんなに気持ちがいいんだろう…


と思った瞬間、ご主人様がレナから去るとじゃーっとレナのおしりに
ご主人様の温かなおしっこがかけられました…


はあん…
嬉しい…


そしてすぐまた入れられます…


どうだ?わかるか?


はい。ああぁぁぁん…


そうです、レナの中にご主人様がおしっこをしてくださっているのです。


気持ちいい…嬉しい…ご主人様のトイレにしていただいてる…
こんなに気持ちがいいなんて…
口をトイレにしていただくのも気持ちいいけど中も気持ちいい…


その後、
レナここにしなさい
と受け皿をお持ちのご主人様がおっしゃいました。


は…はい…
ご主人様の前で足を開きまた恥かしい格好でレナの排泄姿をご主人様にお見せします…


しゃー…
r0101010002.jpg


いっぱいでたなぁ!ほらっ!
レナのおしっこで満たされた受け皿を、レナの顔の前に出されると
恥ずかしさで顔を背けてしまい…


ほら!ほら!飲みなさい!
と更に近づけられました。


恥ずかしくてすぐには従えなないレナ…
ご主人様は片付けに行かれてしまいました…


1人になり反省…
ご主人様はいつもレナの止められないお漏らしを口で受けて下さるのに、
レナは自分ではできなかったのです。
ご主人様のなら何の抵抗も無いのに…
レナはまだまだM女として不足です…








メール調教

レナのいやらしいオマンコを開いて写真を撮りなさい

排泄している写真とその時のレナの顔も撮ってメールしなさい



恥ずかしいです

写真を自分で撮るのも送るのも

何より見たこともない局部を目にしないとメールできないのですから

メール調教は逢瀬とは違う辛さがあります




でも

どんなにお待たせしても

どんなに愚痴をこぼしても

どんなに弱音を吐いても

どんなにわがままを言っても

顔色一つ変えずレナを全て受け止めて

こうしていろんな形で愛してくれるご主人様のご命令なら

喜んで受けます

メール調教はご主人様がレナを必要としてくれいる証拠だから




送信後

におってきそうだな

細い体からこんなに太いのがでるのか

とのお返事




本当はそばで見てほしい

r00111011.jpg










四つん這いで背後から突かれ続けた後…

とうとうその時は来ました。


ご主人様が、レナのおしりに指を触れます…
かわいい穴だなぁ!

そしてそこに…
イチジク浣腸が1つ、ゆっくりと差し込まれ注入されていきます。

はあぁぁぁぁ
この冷たい液がおしりに入っていく感じに、レナは声が出てしまいます。

まだガマンできるな?

抜かれたかと思うともうひとつ…

ああぁぁぁぁぁぁぁ

ふたつめも抜かれると、だんだんお腹が痛くなってきます。

お腹が痛いです…トイレに行かせて下さい…

すると、レナの顔の前にご主人様の下半身が近づけられます…

しゃぶれ。
レナの願い虚しくご奉仕のご命令が下されます。

ハィ…
今までレナの中で暴れていたご主人を、ありがたく口に含みます…

んん…
ご主人様が入っている口が気持ち良くて、腹痛が紛れます。

どうだ?お腹痛いか?
口から外されると、忘れていた痛みが…

痛いですぅ…トイレに行かせて下さい…
それなのに、今度はまたレナに深々と…
…!!ああっ!いやぁ!!

再びご主人様にレナの中をひたすら突かれます。
あっ!あっ!ああっ!ああっ!
強い刺激で腹痛が消えましたが、この刺激もレナにとっては強すぎます。

あーっ!あーっ!
幸せでもあり恐怖でもある瞬間…
大好きなご主人様を感じながら、いろいろなことが頭をよぎります。

どうだ?
ご主人様が止まると、途端にまた浣腸の痛みがよみがえります。

あーっ痛いです!出ちゃいます!

そっかぁ痛いかぁまだ出すなよ?
また動きます。

ああんっ、ああっ!あーっ!

まだガマンできるだろう?

痛い痛い痛いぃ!出したいです!

何度か繰り返されると、ご主人様がレナから去ります。
すると今までごまかされて来たためにガマンできていた苦しみが、突然MAXで襲いかかってきて…

あっ!もうだめ!出ちゃう!出ちゃいます!

こっちに来なさい…
苦しむレナをよそにのんびりおっしゃるご主人様

出ちゃう〜出ちゃう〜出ちゃう〜
そのあとを必死で着いて行きやっとトイレのドアに…
と、思ったら横のお風呂場にご主人様が。

トイレに行かせて下さい!出ちゃいます!
レナは痛むお腹からちょっとでも気を許すと漏れてしまいそうなあそこに集中してお願いをしますが、

がまんしなさい
涼しい顔でこちらを見ています。

いやぁ!できません!出ちゃいます!
お腹痛いぃ!お腹が痛いです!トイレに行きたいです!

痛いなぁ…

もうだめです!お願いです!許すして下さい!

うん、うん。
お風呂場から、お風呂場のドアの前でしゃがみ込むレナをただ静かに見下ろすご主人様…

あーっ!出ちゃう!許して!痛い!痛い!出したいです!
どんなに叫んでもお許しがいただけません。
その目は光を失い真っ黒で微動打にせずただ床に転がる奴隷を見下す冷たいものでした…

絶望を感じた頃、
よし入りなさい
とお許しが。

お風呂場に入りしゃがむレナ…
もうトイレじゃなくてもどこでもいい、どれだけ長くこの時を待ったことか。
やっと開放される!
しかし、ただのお風呂場の床におしりを露わにしてしゃがんでいるだけのレナを
ご主人様はまだ静かにご覧になっているだけです。

あああっ、出したいです!

待ちなさい。ガマンしなさい!

もうガマンできません!

まだ出すな!

いやです!出ちゃいます!

気が緩んでしまいさっきよりも辛さが増し、
おしりがピクピクするのが止められません。

よし!

やっとペット用のトイレがレナのおしりにあてがわれました…

プシューッと音が…

いやっ…
もう止められません…

あーっ!その時、前日からご命令で排泄管理されてたために大量に噴き出る汚物が…

うわぁー!いっぱい出たなぁ!臭いなぁ!

ぃゃぁ…ぃゃぁ…
レナは疲労と羞恥でうなだれるのみ。

かわいい顔して!あはははは!

地獄でした…


そしてこの日も一緒に入浴…
レナが身を任せくつろいでいると、

やっぱりほっとけばよかったなー!お漏らしさせればよかった。

はい?!
…閻魔でした…

2012021215500000.jpg







淫語責め

ご主人様ご自身は…とてもご立派です
それなのに…先がもっと出っ張っているので

レナの中でひっかかってレナの中がその形をはっきり感じ
かき混ぜられるとたまりません

それを四つん這いのレナの奥に後ろから突き立てられると
また何度も絶頂がやってきてレナは叫んでばかり…

それだけで十分ツライのにご主人様は更にレナの両手を背中に回し大きな片手でしっかりと抑え
片手でお尻を叩きながら
変態!いやらしいなぁ!牝犬が!
と罵声をあびせるのです…

首を振って否定したくても顔をふとんにうずめているのでできません…

喘ぎつづけるレナに更なる追い打ちが…

気持ちいいのか?
気持ちいいんだろう?
気持ちいいですって言えないのか?

ああっ!ああっ!

気持ちよくないのか?

きっ!きぃっ、きもちいぃっ…ああっ!

聞こえない。
気持ちいいのか?

気持ちいいですぅっ!

気持ちいいのかあ!変態!
どこが気持ちいいんだ?

ああっ!ああっ!いやあっ!

言えないのか?
オマンコ気持ちいいって言いなさい!

やあっ!ああっ!やだぁぁ!
レナは苦手…いやらしい言葉を言うのが本当に苦手です…
ブログやメールでだって打つのが恥ずかしくて使えません

ほらっ!言いなさい!
気持ちいいんだろう?
オマンコ気持ちいいですって言え!

恥ずかしいしレナの奥にひっかかって刺激を与え続けられるのに耐えるので精一杯

あっ!あっ!おっ…おまんこぉ

何?!

うう…おまんこ…き、きもちいいですぅ…
きもちいいですぅ…
やっと言えた!

気持ちいいのか?誰のだ?レナのオマンコが気持ちいいですだろう!

はいぃぃっ…レナのぉっ…ああっ!

…言えない…
はあっ!はああっ!

ご主人様のオチンチンでレナのオマンコが気持ちいいですだろ!

…増えた…言えるわけない…こんなに言えるわけがありません
恥ずかしくて苦しくて…

すると耳元にご主人様の口が近づき熱い息がかけられます…
ご主人様のオチンチンでレナのオマンコ気持ちいいです
でしょ?
ご主人様は優しい声でささやかれました

もうこれをされてしまうとレナはご主人様の唇と声の思うまま

ご主人様のぉ!お、ぉチンチン…レナのっ!あっ!ぉまんこおきぃっ!きもちいいですぅ!
うああっ!

そっかあ!気持ちいいのかあ!変態だなあ!
淫乱な牝奴隷だ!

初めてこんな言葉を口にしました…
ご主人様ってお呼びするのは夢だったけど…

こんなにいやらしい言葉を言うなんて
レナは本当に変態です






ご主人様の大きな拳を出し入れしていただいている間、何度絶頂を向かえたかわかりません。
ただただその強過ぎる刺激に耐えていました…

ご主人様との調教で体が勝手に達してしまうようになったのですが、
同時に声を出すのが精一杯で言葉を発することが不可能にもなってきました。

それに頭の中であっイキそう…と思ってから実際に果てるまであっという間なので
口に出している暇も無いし、次から次へとその時がやってきてしまいます。

止められることのできない快楽との戦い…
レナは体も顔も自分ではどうすることもできなくて、どうなっているのかも考えられません。

ご主人様は
最近レナの顔がいやらしくなってきた
もっとセクシーになりなさい
とおっしゃいますが、
ご主人様からの刺激にのたうちにまわっている間はただの獣みたいで
実はセクシーとは程遠いんじゃ…
それに…ご主人様の手は痛くないのかな…レナは喘ぐだけでいいのかな…
とまた不安でいっぱいになるのです。

ところがご主人様は、
レナの中気持ちいいから大丈夫
レナが感じている顔はめちゃめちゃいやらしい
と。

嬉しいのと恥ずかしいのと、やっぱりご主人様が愛おしい。











ご主人様の拳

調教は、再会を喜びながらレナがご主人様に甘えさせていただいてから始まります。
この日もご主人様はレナを膝に乗せて、かわいいといいながら温めて下さいました。
そして優しいキス…レナは唇で繋がっているだけで、息つく暇も無く3回たて続けに果ててしまいました。
度重なる調教で、レナは簡単に果ててしまうようにご主人様に身体を変えていただきました。
その後舌を少し出すと…思いっ切り吸われ、レナの舌が千切れそう!
んんーっ!足をばたつかせてももちろんお許しいただけるわけがありません。
口が離れた時には舌がすっかり痺れていました…
再び唇が近付いて来たのですが、舌を出せないレナに
出しなさい!とご主人様はお怒り。

足を開くと、レナの秘部はご主人様からの刺激全てのせいでひどい有様でした。
なんだこれは!
指摘されて足を閉じようとすると、M字の両膝を片手の手とひじで押さえて
ここかぁ?
と尿道口を反対の手の指でいじられます。
やあぁぁぁぁ…
レナは尿道口をいじられると中から勝手に溢れ出てしまうので、
こらこらこらこらっ
とまた叱られます。
ああぁぁぁぁ…

冷たいものが塗られたかと思うと、ご主人様の大きな拳が押し付けられました。
あっ!
力を失ったレナはぐーっと進むそれを抵抗できずに飲み込むしかありません…
んああっ!はあーっ!ぐあぁぁぁぁっ!…
2012021217000000.jpg


叫ぶ声も制御できず、限界の大きさのものでかき混ぜられ続け口を開けたまま時間が過ぎるのを待つのみ。
気持ちいいのかぁ?
小さな突起まで同時に捏ねられます…
んぐぅっ!ああっ!
ぺちっ!
突起にまさかのスパンキング…
ぺちぺちぺちぺちっ!
ひぃっ!ひっ!いやっ!あっ!
M字に固定された両足の間の蜜壺に拳を出し入れされ、
そこに剥き出しになった敏感な突起には繰り返される平手打ち…
何て叫んでこの刺激に耐えればいいのかわからない牝奴隷が
ただただ魚の様にのたうちまわります

あははははは!
それを喜んで眺めているご主人様…
この方になんか嫌われたっていい
そんな覚悟でみっともない喘ぎ声をあげるしかないレナは、
ご主人様の大きな大きな拳が大好きでいつか2ついただきたいと願いながら
ご主人様への愛を深めていくのでした。









ご主人様の目

調教中のご主人様の目は、鋭く厳しくなります。
光を失い一切の情を許さない真っ黒な目です。

この間はレナがどんなに排泄の許可を得ようとしても、全く表情を変えずに
レナが苦しむ姿をただご覧になっているだけ…

こんなに残酷な方はレナのご主人様なんかじゃない!
レナは苦しくて痛くて必死に叫び続けます。


調教以外のご主人様の目は、青く澄んでいて吸い込まれそう。
レナの全てを見抜いて暖かく包んでくれます…

この目を見ると、レナはまた苦痛を与えていただきたくなります。
この方がご主人様でよかった、と。






こんなにトイレに行きたいとお願いしているのに

許可下さらない




もう二度とイヤ



でも

かわいいよ

って言われると

またしてほしくなる







レナと浣腸

レナは快腸で便秘に悩んだことが無いので、浣腸をした経験が全くありませんでした。

だから浣腸調教願望のあるM女さん達の様に、排泄時の快感や絶頂は特に願望が無く
とにかく苦痛と羞恥を浣腸調教に求めていました。

初めてご主人様に浣腸をしていただいた時は、きっとご主人様は女性の排泄姿は見慣れているだろうし
レナはただご主人様に甘えてイチジク浣腸の痛みに耐えよう…くらいに思っていました。

始めはその通り、恥ずかしいけれど痛みから解放されるには排泄するしかありませんでした。

ところが調教を重ねてお互いの気持ちが深まるうちに、大切なパートナーに最も恥ずかしい姿を見られることが
どんどん辛くなってきました。

冷たいイチジク浣腸を注入される時に出てしまう喘ぎ声…
イチジク浣腸の痛みにも同時に挿入される快感にも感じてしまうレナ…
トイレにしゃがむ姿…
ガマンできずに漏れてしまう液体…
そして排泄物…

全て見られたく無いので、前回は手を握っていていただきました。

ご主人様の大きな手の温もりに安堵を感じながら、ご主人様の冷たい眼差しに絶望を味わい
あはははは!というご主人様の笑い声に屈辱を感じて
ひたすら苦痛と羞恥に耐えました。

やっと終わった後…

ティッシュで拭きなさい

ご命令通りにすると、

いつもレナはそうやって拭いてるのか!

と追い討ちをかけられました。

その後ご主人様が入れて下さったちょうどいい湯加減のお風呂の気持ちいいこと!
湯船に一緒に入って触れたご主人様に、ますます魅力を感じるレナでした。










…ここに立ちなさい…


…はぃ…


そこは十字の拘束台の前…


立つと、目の前には大きな鏡に自分の裸が。


もう目は開けられませんでした…



まず左手が持ち上げられ、縄で台に固定されます。



ギュッと結ばれると、ぁぁ…と声が漏れます。



次は右手…はぁぁ…



そして…首も固定されます…グッと締められ、顔が持ち上がったまま下げられなくなりました。



足を開きなさい…


ぁっ…ゃっ…


ジャラッと右足が鎖に固定され…


ぅっ…


こっちも開きなさい!


ぅぅっ…


左足も固定されると、身動きが取れない人形になりました…


しかも腰は前に突き出したようになるように出っ張っています。


もう、何をされても逃げられない。


それなのにご主人様は、ご主人様の大きな拳をレナの中に突き刺しました。


ああっ!!ああっ!!


どんなに逃げようとしても、ジャラジャラと音がするだけで
ご主人様から与えられる刺激は止みません。


んああぁぁっ!!んああぁぁっ!!


どんなに叫んでもどんなに動いても、レナの奥に容赦無く塊が奥へ与える刺激に耐えられません。


憎い塊が一度レナから出たかと思うと、今度はおしりに入れられます。


いやああああ!!


本来は入る場所ではない器官に、本来は入れるはずの無い指が何本も出入りし続けます。


こら!!


ご主人様の叱咤…見るとまたレナのお漏らしが、突っ張る足を伝っていました。


ごめんなさい…


謝っても許されない快楽責め…


逃れられない快楽に、初めて苦痛を感じました。


もっと…レナを壊して下さい…


ご主人様好みの…奴隷に…






写メのご命令

レナのオマンコ開いて尿道の写メを送りなさい。
小水も忘れないように!

メールを見た時レナは外出先で、ドキドキしながら買い物を済ませ
帰宅するとトイレに入りご命令に従いました…



相変わらずいやらしいオマンコだなぁ
今度またグショグショにしてやるからな!

ご主人様からのお返事を読みレナは前回の調教を思い出しました。



調教日からしばらくは普通に過ごせるのですが、
調教日前はそわそわしてしまって日常がおろそかになります…

昨日に続きまた買い忘れたものがありました。


レナの顔

レナはご主人様といると何にでも感じてしまうようになりました

首輪を着けていただくだけで体に力が入らなくなりいくら声を出しても苦しいくらいなのに

ご主人様を挿入していただいている間はもう何をしても無駄と思うくらいです

きっとひどい顔になっているはず

嫌われないかな

でもご主人様と一緒だと顔の力もコントロールが効かないのでどうしようもない

不安になって遠回しに聞いてみました



レナばっかり気持ちよくなってる気がします
それでもいいのですか



いいんだよ
レナが気持ちいいのを見てると気持ちいいから



顔がぐしゃぐしゃでもいいということでしょうか





ご主人様に触れられていなくても、勝手に果ててしまうようになってしまったレナですが…
実はローターやバイブでイクのは抑えてしまう傾向が。だって恥ずかしいもん…
ご主人様にローターを敏感なところに当てられもしイッてしまったら、イク瞬間のレナを見られてしまう。
それが恥ずかし過ぎて刺激から逃げたくなるのです…
この日も一番敏感なところに貼り付けられたローターから、いやらしいレナをみられたくない一心で
とにかく一生懸命逃げようとしました。
結局努力むなしく逃げても逃げてもローターは貼られたまま逃げられなかったのですが…
ご主人様は外して下さいました!
かと思うとなんと今度はレナの中に入れてしまったのです…
レナはご主人様に入れられるこの刺激が強過ぎて、声の制御が効かなくなります。
声をいっぱい出せば、強過ぎる快感が軽減される気がしてがんばります。
しかしこの日は違いました…
ご主人様は胎内の振動にのたうち回るレナに、なんと電マを押し付けてきたのです。
中からも外からも絶えず振動を与えられて下半身が壊れそう…
レナはその場から離れたくて四つん這いのままやっとの思いで一歩前へ…
ところがご主人様にガシッと片足を掴まれていまい、強い刺激はレナのあそこと脳に容赦無く与えられ続けます。
いやあ!いやあ!いやあ!
レナのあそこは壊れる寸前でした。
ふと2つの振動が止められ、レナから離されました。

鞭だよ

?!

レナのお尻にはバラ鞭…
ご主人様の責めは次々と与えられていきます…
ぺしん
と、初めは優しく。
次はいろいろな場所にパシパシと…

ああ…ご主人様に鞭で打たれてる…

次の瞬間、パシッ!とレナのあそこに当たりました。

あーっ!!
念願の鞭責めです…
優しくて知的で大好きなご主人様から、レナは痛みをいただいています。
痛いのに、ご主人様にいただくとこんなに感じてしまう。もっと欲しくなってしまう…

こんなに濡らして!パシッ!
はあっ!

ほらっ!パシーン!
続いて大きな手で思い切りスパンです…

ああん!
どうして…どうしてご主人様だと、痛ければ痛いほど感じてしまうのでしょう。

パシーン!いい音したなぁ!
ああっ!やあっ!

パシーン!
今度は太ももです。
ヒリヒリするお尻に感じながら、太ももの痛みにも感じてしまいます…

喜びながらもレナは、
レナが痛いということはご主人様も手が痛いはず…
でももっと痛くして下さい…レナはご主人様の手が好き…痛みが好きです…
もっと…ご主人様…などよくわからない声を頭で訴えていました。

ご主人様は痕が残らないように手加減して下さっているのに、欲張りなレナはご主人様からたくさん痛みを与えて欲しくなってしまうのです。









ご主人様はレナのスタイルを気に入ったと何度も話して下さいます。

維持できているか、毎回抱っこをしてピタリと体重を当てその日の浣腸の罰が決定します。



ご主人様は、ご自身を

浣腸をしてからレナががまんしている間に挿入したり

お湯を浣腸してから出ないようにお尻に挿入したり

レナの両手を後ろ手に抑えて挿入したり

とにかく様々な方法でレナを愛して下さいます。



その時に気になるのがお尻のお肉…

大きな手で大きな音を立ててスパンして下さったり

鞭を打って下さる時も、

愛情を与えて下さっているのかそれとも痩せない罰なのか。

どちらにしろレナにとってご主人様にいただく痛みも快楽も嬉しいものなのですが…



このままでは大好きなご主人様に嫌われてしまう…




 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。