FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足への鞭

せっかく帯の結び方を覚えて着飾った浴衣も、
ご主人様の手でめくられ恥ずかしくてたまらない格好にされます。

そして与えられる鞭は、お尻だけではなく内ももや足の裏まで痛みを伝えます。



何度も何度も鞭の音が響き、痛み
奴隷の鳴き声とご主人様の笑い声が止まりません。








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

浴衣鞭

ご主人様はどんな浴衣がお好きなのか、レナはどんな浴衣なら奴隷らしいか。

そんな事を考えながら選らんだ浴衣は、今までに着たことの無い典型的な組み合わせにしました。

優しいご主人様は、いつも通り浴衣姿のレナもは褒めて下さいました。

ソファに座りひざの上で可愛がって下さり、鏡に写ったレナを眺めながら沢山頭を撫でて口付けをして下さいました。

しかし甘い時間はそこまで、膝立ちになるご命令が下ると立ち上がったご主人様は浴衣の裾を捲り上げレナを恥ずかしい奴隷の姿に変えます。

そして…
その露わになった肌に、スパンは鞭で赤い飼い主の印が刻まれていきます…。

レナは、喜びの鳴き声をあげるだけ。



ほら…

優しくギャグボールが口にはめられ、醜いペットに墜ちます。








浴衣調教

浴衣の時期ですね…

以前着物を着た時にご主人様に写メを送ったところ、とても褒めて下さって気に入って下さったことがあります。

…裾を捲って中の写真も送りなさい!とご命令も…

その結果、着物姿のレナを調教したい!とも言って下さいました。

そんなに喜んでいただけたなら、もちろんお応えしたいのですが…
レナは自分では着付けられないし現実的ではなくずっと悩んでいました。

そんな時、他のM女さんが古着の着物を調教にご用意なさったとブログで書かれているのを発見したのです。

タイムリーな話題に、経緯をその方にお伝えしました。

すると、
「ぜひレナ様のご主人様に合った美徳意識を」
とのお返事が。

…衝撃的でした…

それまでのレナは、やっと出会えた理想のご主人様にどんな事をしていただきたいかしか考えていませんでした。

よくMの気持ちが分かるからこそ、Sにもなれる。と、両刀のMさんがいらっしゃいますね。
残念ながら、レナは全く分かりません。
先日あるM女さんがレナの目の前で調教中に首を振って嫌がっていたのですが、それでもご主人様は手を止めなかったんです。レナは当然心配で心配でなぜやめないのか、大丈夫なのかはらはらして見ていました。
でも実際はMなわけですから嫌よ嫌よも…なわけで、Sならばきちんと見分けられるんですよね。レナは全くわかりません!

それに、ご主人様がレナを飼いたいとおっしゃる気持ちもわかって差し上げられません。
だって私なんかの排泄を見て嫌じゃないのかしら?!
だいたい首輪をしてリードをひいてお散歩させて、ギャグははめないとだしトイレの世話はしなきゃだし鞭で躾なきゃだし
元気でも落ち込んでも体調崩しても甘えさせてよしよししなきゃだし…

レナがしてもらうばっかりでご主人様はいいのかしら?!

でもご主人様はそうしたいんですって、レナにしたいって。

レナは、120%理想の男性であるご主人様がして下さること全部が大好きなのですが
…いわゆるレナは"満足"のMなんですね、全くそのSのサービス精神がわからないのですよ。

テイクばっかりのレナは反省しました、M女さんの言葉で目が覚めました。

いくらご主人様のご希望だからって、それに甘えてばかりではいけない。
ご主人様にもっと喜んでいただかなくては!

「ご主人様に合った美徳意識」
ご主人様はご自分の正装にも奴隷の衣装や外見にも、はっきりとしたこだわりとセンスをお持ちです。

特に、きれいな女性をきれいに調教したい!と。

そして今回、浴衣の古着を購入することができたので着付けの練習をしてお持ちしました。



浴衣に着替え、ご主人様好みの牝奴隷になるための調教の始まりです。











排泄許可

前日から排泄していないレナのお腹は、浣腸液によりすぐ限界をむかえます。

それでもボンテージテープの拘束はほどかれずに、ベッドの上で我慢しなければなりません。

この時の、苦しくて痛くて最悪の事態を想像しては失われそうな理性を保とうとする辛さ。

それを笑いながら見下すご主人様を感じて、レナは許可をいただこうとしました。

自分では何を口走っているのか全く把握できないほど、切迫感に思いつく限りの言葉を口にします。

それでもいただけない排泄許可…

まだまだだぞ!

とおっしゃりながら、ご主人様はご自身をレナの中に突き刺します。

ああ!出ちゃいます!トイレに行かせて下さい!

容赦なく突き付けられるご自身様…

やっと解放されても、導かれるのはバスルーム。

片足をバスタブに乗せなさい

はいぃ…出ちゃうぅ…うああっ!!

そこでもご主人様を受け入れなければいけません

出ちゃう!痛い!お腹痛い!ああ!

ご主人様はそのままレナの中に放尿を…

ただでさえ張っている下腹部に、大量の液体が更に苦しさを与えます。

まだ出すなよ?

はあ!!

そして床に桶をぽんっと置くと、 やっと許可が。

いやいやいや!!

それでも溢れ出る私の排泄物と尿とご主人様…

そんなに溜めてたのか!!

また笑われながら、3つの穴から溢れるのを止められず羞恥に溺れるレナでした。








 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。