FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SMホテルにて

首輪、ギャグを着けていただき、四つん這いで部屋を出ます。

ご主人様にリードを引かれ連れられて来たのは、他の部屋。

ノックをして中に入ると、服を着たS男性と裸に首輪だけのM女性。

お待たせしましたって謝りなさい。
ご主人様からレナにご命令が下ります。

大きなボールを口に咥えたまま、外すこともできずに
ごめんなさいと言いました。

何を言ってるかわからないだろう、申し訳ありませんて謝るんだよ。
ご主人様に怒られてしまいました。

お待たせして申し訳ありません…
ふがふがとだけ声が出ました。

それでも罰はいただかなくてはならなくて、お二人の前で叫ぶほど強い鞭を、四つん這いのお尻に何度もいただきました。

ごあいさつしなさい。
M女性に近づくようにリードが引かれました。
どうしていいかわからないレナに、同じ四つん這いのM女性が近づいてレナにキスをして下さいました。

それからM女性の口は、レナの首から肩、背中、腰へと移りました。

柔らかく温かなM女性の口は、時々レナを噛みました。レナはその度ボールの隙間から変態の声を漏らしてしまいました。

そのままご主人様に両手を拘束器具で固定され、万歳の姿で十字に貼り付けられ、片足を上げた格好になりました。

ご主人様は、曝け出されたレナの中にまず電マを突き立て、レナが落としてしまうと拳を入れようとなさいました…

こんなに濡らして!

1本2本とご主人は指を増やし、手首まで入れようとなさいますが、不自然な体制でレナの中に大きなご主人様の拳を迎え入れる事は恐怖でした。

叫びながら首を大きく左右に振って逃れようとしましたが、十字から外されることもなく、そのままめりめりとレナを破壊していきます。

顔を見せてごらん…
どんな顔をしてるの?

S男性は、左右に顔を振るレナの頬をを両手で押さえ、振り乱した髪を掻き分けるとレナの顔を覗かれました。

かわいい顔だねぇ

そんな声がしても、ご主人の大きな拳が胎内の奥まで埋め込まれ、激しく出し入れされる刺激で顔をぐしゃぐしゃにして叫び続けるしかないレナ。

やっと解放されると、今度は後手に拘束され、ひざ立ちで四つん這いに。

お尻をM女性の方に向けるとM女性のお尻もレナの方へ。

そしてお互いに双方ディルドが入れられ、2人はそのまま繋がった姿になりました。

手を拘束され床に頭を垂れお尻を突き出し恥ずかしいレナの顔の前には、S男性がご自身をみせつけながらディルドが出し入れされるようにレナの背中を押します。

レナのご主人様は、M女性の双方ディルドが入っていない方のもう一つの穴を調教なさいます。

もうレナは汗だくでされるがまま…

ご主人様のM女性の調教が終わると、今度はレナは診察台へ乗せられ足を左右に大きく開いて固定されてしまいました。

ご主人様はM女性に、レナのあそこをきれいにしなさい!とご命令を下します。

レナは再びM女性の温かい口と舌の刺激にに、診察台の上で叫ぶしかありません。

S男性がレナの汗だくになった顔の髪の毛をなでながら、耳元でかわいいよ…とささやくと、恥ずかしくて恥ずかしくて、でもレナにはM女性の舌が這っていて、もう何が何だかわかりませんでした。

その間ご主人様はレナを舐めるM女性に罵声を浴びせながら調教していましたが、レナには全く聞こえず記憶もしていません。

大きな声で調教されていたのは覚えていますが、それよりも自分の叫び声が響いてしまって状況が良くわかりませんでした。

拘束され逃げられず、耐えられない程の羞恥と快楽を与えられ続ける姿。

レナはご主人様の前だと本性を現してしまうのです…。

















スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://renaneko1213.blog.fc2.com/tb.php/133-8bde1c64

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。