FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご主人様に触れられていなくても、勝手に果ててしまうようになってしまったレナですが…
実はローターやバイブでイクのは抑えてしまう傾向が。だって恥ずかしいもん…
ご主人様にローターを敏感なところに当てられもしイッてしまったら、イク瞬間のレナを見られてしまう。
それが恥ずかし過ぎて刺激から逃げたくなるのです…
この日も一番敏感なところに貼り付けられたローターから、いやらしいレナをみられたくない一心で
とにかく一生懸命逃げようとしました。
結局努力むなしく逃げても逃げてもローターは貼られたまま逃げられなかったのですが…
ご主人様は外して下さいました!
かと思うとなんと今度はレナの中に入れてしまったのです…
レナはご主人様に入れられるこの刺激が強過ぎて、声の制御が効かなくなります。
声をいっぱい出せば、強過ぎる快感が軽減される気がしてがんばります。
しかしこの日は違いました…
ご主人様は胎内の振動にのたうち回るレナに、なんと電マを押し付けてきたのです。
中からも外からも絶えず振動を与えられて下半身が壊れそう…
レナはその場から離れたくて四つん這いのままやっとの思いで一歩前へ…
ところがご主人様にガシッと片足を掴まれていまい、強い刺激はレナのあそこと脳に容赦無く与えられ続けます。
いやあ!いやあ!いやあ!
レナのあそこは壊れる寸前でした。
ふと2つの振動が止められ、レナから離されました。

鞭だよ

?!

レナのお尻にはバラ鞭…
ご主人様の責めは次々と与えられていきます…
ぺしん
と、初めは優しく。
次はいろいろな場所にパシパシと…

ああ…ご主人様に鞭で打たれてる…

次の瞬間、パシッ!とレナのあそこに当たりました。

あーっ!!
念願の鞭責めです…
優しくて知的で大好きなご主人様から、レナは痛みをいただいています。
痛いのに、ご主人様にいただくとこんなに感じてしまう。もっと欲しくなってしまう…

こんなに濡らして!パシッ!
はあっ!

ほらっ!パシーン!
続いて大きな手で思い切りスパンです…

ああん!
どうして…どうしてご主人様だと、痛ければ痛いほど感じてしまうのでしょう。

パシーン!いい音したなぁ!
ああっ!やあっ!

パシーン!
今度は太ももです。
ヒリヒリするお尻に感じながら、太ももの痛みにも感じてしまいます…

喜びながらもレナは、
レナが痛いということはご主人様も手が痛いはず…
でももっと痛くして下さい…レナはご主人様の手が好き…痛みが好きです…
もっと…ご主人様…などよくわからない声を頭で訴えていました。

ご主人様は痕が残らないように手加減して下さっているのに、欲張りなレナはご主人様からたくさん痛みを与えて欲しくなってしまうのです。









スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://renaneko1213.blog.fc2.com/tb.php/31-ec55133b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。