FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


私はペットを飼い始めた。
牝の奴隷レナ。
レナは世間的にはそれなりに大人の女性として生きている。
しかし私の前ではただの淫乱な牝だ。
膝に乗せて撫でるだけで牝のいやらしい汁を溢れさせ、首輪を着けてやるだけで鳴く。
鎖でつなげれば喜び、鞭を与えれば従順になる。

メールで排泄最中の写メを送れと命令すれば素直に従い臭って来そうな恥ずかしい局部を送って来るし、
先日など大事な席でその着物の中身を見せろと命じたところ
周りをわきまえず着飾った和装の裾をたくし上げ自分の秘部を露わにし写メを送って来た。




ある日ペットを散歩させようと、裸に首輪を着けリードを引いて外に出ようとした日のこと。
おいでと言うと四つん這いで付いて来たが、ドアの外に出たところで気温の低さに気付いた。
人間の足音は聞こえたがレナの鳴き声が足元からするだけで他に犬は見当たらない。
仕方なく部屋に戻った。
暖かくなったらペット用にトイレの後始末の用意も忘れず散歩に連れて行ってやろうと思う。

ただ、私が愛情を与え過ぎたのか最近少しレナが肥えて来た気がするので罰を与えた。
増えた体重分だけ浣腸で排泄させようというものだ。
グリセリンの効き目を十分活かし確実に減量させる為、限界ぎりぎりまで排泄の許可は与えない。
レナの顔は苦しさでしわくちゃになり自分でも何を口走っているか理解できていないほどに壊れ私もそれを楽しんだ。
その甲斐あってか溜め込んだ汚物はものすごい臭いと共にものすごい量がひねり出され
それは見ているこちらが恥ずかしく感じるほど醜く堕ちた犬の姿であった。

さてこれからどうやってもっと従順なペットにして行こうか。
私のペットならばスレンダーでセクシーでなければならない。
それを文字通りアメとムチでもっと厳しく教え込み更に私好みに調教していこう。
レナにとって初めての飼い主だからな。




クリックをお願い致します…

レナが更に淫乱になります…

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://renaneko1213.blog.fc2.com/tb.php/47-878e1b79

 | ホーム |