FC2ブログ

プロフィール

牝奴隷レナ

Author:牝奴隷レナ
20代後半(158・42)のM女レナです
高貴で紳士なご主人様にペットとして飼っていただけることになりました。
最愛のご主人様だけの牝奴隷として調教されています。
素敵なM女ご主人様に相応しい奴隷になる為日々努力中です。

お願い
当ブログは一部アダルトな内容を含まれています。
未成年の方、また内容に不快を感じる方は、閲覧をご遠慮下さい。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排泄許可

前日から排泄していないレナのお腹は、浣腸液によりすぐ限界をむかえます。

それでもボンテージテープの拘束はほどかれずに、ベッドの上で我慢しなければなりません。

この時の、苦しくて痛くて最悪の事態を想像しては失われそうな理性を保とうとする辛さ。

それを笑いながら見下すご主人様を感じて、レナは許可をいただこうとしました。

自分では何を口走っているのか全く把握できないほど、切迫感に思いつく限りの言葉を口にします。

それでもいただけない排泄許可…

まだまだだぞ!

とおっしゃりながら、ご主人様はご自身をレナの中に突き刺します。

ああ!出ちゃいます!トイレに行かせて下さい!

容赦なく突き付けられるご自身様…

やっと解放されても、導かれるのはバスルーム。

片足をバスタブに乗せなさい

はいぃ…出ちゃうぅ…うああっ!!

そこでもご主人様を受け入れなければいけません

出ちゃう!痛い!お腹痛い!ああ!

ご主人様はそのままレナの中に放尿を…

ただでさえ張っている下腹部に、大量の液体が更に苦しさを与えます。

まだ出すなよ?

はあ!!

そして床に桶をぽんっと置くと、 やっと許可が。

いやいやいや!!

それでも溢れ出る私の排泄物と尿とご主人様…

そんなに溜めてたのか!!

また笑われながら、3つの穴から溢れるのを止められず羞恥に溺れるレナでした。








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://renaneko1213.blog.fc2.com/tb.php/90-422507cb

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。